トップ > イベントカレンダー > 第13回秋の有田陶磁器まつり

第13回秋の有田陶磁器まつり

【と き】平成29年11月22日(水) ~ 26日(日)
【ところ】有田町内各所

春の有田陶器市は、100万人を超える人出でにぎわうことでとても有名ですが、のんびり、ゆっくり有田の町を散策できる"秋の有田陶磁器まつり"に出掛けてみませんか?

        

パンフレットはこちら(PDF形式: 3.6MB)

大公孫樹

ガイド付!秋の有田周遊バス 運行決定!!
  • 秋の有田を楽しめる周遊観光バスの運行が決定しました。
    日本磁器誕生のきっかけとなった陶石の採掘場や、世界的に有名な窯元、紅葉の名所などをバスでご案内します。
    有田に詳しいガイドの説明付ですので、初めて有田を訪れる方や歩くことに自信がない方にもおすすめです。
    ※このガイド付きバスと無料シャトルバスは運行ルートが異なります。
    ※運行ルート、時刻は変更になる場合があります。

    【運行日】 11月23日(木・祝)・25日(土)・26日(日)
    【運行時間】1日3便 JR有田駅前(有田まちづくり公社前)発着
    (1) 11:00 (2)13:00 (3)15:00
    【定員】20名(所要時間:1時間30分)
    ≪予約不要、先着順での受付となります。≫
    【料金】無料
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

↑トップへ戻る

炎の響演~薪窯めぐり~
  • 有田を代表する窯元による夢の響演企画。
    今右衛門窯・柿右衛門窯・源右衛門窯・深川製磁・有田ポーセリンパークで、薪による窯焚きが公開されます。
    有田でもガス窯による焼成が主流となった現在は、薪窯での焼成はほとんど行われなくなりましたが、日本磁器発祥の地として、伝統的な技術を後世に繋ぐため、年に数回薪窯焚きが行われています。
    昔ながらの薪窯での窯焚きは、ガスによる焼成と違い、温度の調節などが難しく、職人の、より高い技術が求められます。
    この企画は、有田を代表する5つの窯元で、普段は見ることができないその技を間近でご覧いただける絶好の機会です。約400年間、受け継がれている有田伝統の薪窯とともに、熟練された職人の技術と、炎とともに煙突から立ち上る煙など、やきものの町・有田ならではの風景をお楽しみください。

  • 今右衛門窯

    江戸時代には鍋島藩御用達の赤絵付師として活躍し、その『色鍋島』の技術が国の重要無形文化財に指定されている今右衛門窯。
    色鍋島の技法と伝統を守り続け、格調高い作品を生み出しています。今回は松薪による窯焚きの様子を係の説明を受けながらご覧いただけます。

    【公開日時】11月25日(土) 
    (1)8:00 (2)8:30 (3)9:00 (4)9:30 各回20分
    【問】今右衛門窯 TEL:0955-42-3101

    今右衛門窯
  • 柿右衛門窯

    日本初の赤絵の技法を開発し、余白を生かした繊細で絵画的な構図を特徴とする『柿右衛門様式』を現代に受け継ぐ由緒ある窯元。
    華麗で美しく、今も世界中の人々を魅了し続けています。今回は、薪窯での本焼き焼成作業を特別に一般公開します。

    【公開日時】11月25日(土) 9:00~16:00
    【問】柿右衛門窯 TEL:0955-43-2267

    柿右衛門窯
  • 源右衛門窯

    古伊万里様式に独自の現代的アレンジを施した作風で知られ、洗練された優美な文様が幅広い層に人気のある源右衛門窯。
    歴史と品格を兼ね備えた風情ある窯元で、薪窯焚きの風景と工房でのロクロや絵付けなどの製作風景を見学することができます。

    【公開日時】11月25日(土) 8:00~17:00
    【問】源右衛門窯 TEL:0955-42-4164

    源右衛門窯
  • 谷窯(登り窯)深川製磁

    宮内庁御用達の窯元で、艶やかな質感や『フカガワブルー』と呼ばれる、透き通るような青色の染付と赤絵を特徴とする深川製磁。
    その作品は、欧州各地の愛好家の心をも捉え、国内外で愛されています。
    17世紀には、深川製磁の古窯「谷窯」で輸出向けの磁器が焼かれました。今回は、その跡地に築かれた登り窯での窯焚きを見学することができます。
    チャイナ・オン・ザ・パークより、マイクロバスでご案内いたします。
    ※2回実施で各回10名様 ※要予約

    【公開日時】11月25日(土) (1)10:00 (2)14:00
    【問】深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク TEL:0955-46-3900

    深川製磁
  • 天狗谷窯(登り窯)有田ポーセリンパーク

    有田焼の祖・李参平が有田で初めて築いたと言われ、日本磁器創成期に大量のやきものが焼かれた天狗谷窯の発掘データをもとに再現された全長53mの登り窯。窯焚きの見学と、状況に応じて薪入れ体験もお楽しみいただけます。

    【公開日時】11月26日(日) 10:00~16:00
    【問】有田ポーセリンパーク TEL:0955-41-0030

    天狗谷窯(登り窯)有田ポーセリンパーク

↑トップへ戻る

秋の有田を彩る紅葉5(ファイブ)
  • 泉山弁財天の大公孫樹(おおいちょう)

    樹齢1,000年、高さ約40m、国の天然記念物に指定されている、有田の町のシンボル。秋には巨木全体の葉が黄金色に輝き、その見事な光景にきっと誰もが圧倒されるはずです。
    樹の下にある口屋番所跡は、江戸時代に佐賀藩の役人が常駐し、人の出入りや陶石ややきものの持ち出しを厳しく取り締まっていたところです。

    【ライトアップ期間】11月22日(水)~26日(日) 18:00~21:00
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    泉山弁財天の大公孫樹(おおいちょう)
  • 有田町歴史民俗資料館東館周辺の紅葉

    白磁ヶ丘公園一帯の樹木は一年を通じてその姿を変化させますが、近年特に秋の紅葉は訪れる人を圧巻させるほどの彩りです。資料館を取り巻く約100本の紅葉が見頃を迎えます。

    【ライトアップ期間】11月24日(金)・25日(土) 18:00~20:00
    ※ライトアップ期間中、有田歴史民俗資料館は夜間開館
    【問】有田町歴史民俗資料館 TEL:0955-43-2678

    有田町歴史民俗資料館周辺の紅葉
  • 泉山磁石場の紅葉

    17世紀初頭、朝鮮人陶工・李参平によって有田焼の原料となる陶石が発見された、日本磁器発祥の地である泉山磁石場は、有田の隠れた紅葉スポットです。通常は立ち入ることができませんが、秋の有田陶磁器まつり期間に限り、その一部が特別開放されます。
    紅葉のトンネルを歩くと、緑・黄色・赤のグラデーションに心奪われます。

    【公開期間】11月22日(水)~26日(日) 9:00~17:00
    ※ライトアップ期間の公開時間は、9:00~20:00
    【ライトアップ期間】11月24日(金)・25日(土) 18:00~20:00
    【問】有田町商工観光課(有田磁石場組合) TEL:0955-46-2500

    泉山磁石場の紅葉
  • 陶山神社の紅葉

    応神天皇を祀っている神社で、1658年頃に建てられたといわれています。大鳥居、狛犬、大水瓶、玉垣などが全て磁器で作られています。時間とともに、赤や黄色に変化していく紅葉と磁器製の鳥居とのコントラストをお楽しみください。

    陶山神社の紅葉
  • 竜門峡の紅葉

    神秘的な渓谷美をみせる竜門峡。春は桜の花びらが舞い、夏には鮮やかな緑に包まれ、秋には渓流に紅葉が映えます。
    また、この渓谷を流れる水は「名水百選」「水源の森百選」に選ばれたほど清らかで、カジカの歌声を聞きながら、名水で仕込んだ地酒と名水にさらした川魚料理を堪能するのも風流です。

    竜門峡の紅葉

↑トップへ戻る

秋の有田のまちあるき
  • 国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている有田内山地区のレトロな町並みは歩いて初めて発見することがいっぱい。多彩なまちあるきメニューをご用意しています。

    ※詳しい情報は【有田まち歩き特設ページ】をご覧ください。

    有田まち歩き

  • ■きもので秋のありたさんぽ
    今年は有田のレトロな町なみを着物を着て散策してみませんか?
    <きものでランチ&caféチケット付プランが新登場!!>
    有田町内にある18店舗で利用できる、とてもお得なプランです。
    【期間】11月・12月 毎日10:00~16:00 ※受付14:00まで
    【着付け場所】有田一番館
    【料金】・3,000円(着物レンタル・着付けサービス・町内のレストランやカフェで使える1,500円チケット付)
        ・2,000円(着物レンタル・着付けサービス)
    【利用可能店舗】
    「有田一番館」 「有田館」 「有田ポーセリンラボ」 「うなぎ専門店 味」 「Café hestia」 「亀井鮨」 「ギャラリー有田」 「蔵」 「究林登」 「呉葉鮨」 「月桃庵されど」 「小路庵」 「創ギャラリーおおた」 「DINING 瑞」 「日本料理 保名」 「焼肉トラジ」 「龍水亭」 「龍泉荘」
    ※店舗情報や店休日は各店舗リンク先をご覧下さい

    きもので秋のありたさんぽ
  • ■ガイドがご案内、幕末維新と有田
    来年2018年は、明治維新150年の記念の年。明治維新とその後の時代に深く影響を与えた有田・有田焼について、観光ガイドが丁寧に案内します。
    【期間】11月22日(水)~26日(日) 13:30~15:00
    【集合場所】伝統文化の交流プラザ「有田館」
    【料金】500円
    【定員】15名 (最少催行4名)

  • ■有田散策QUIZ(さんさクイズ)
    風情ある内山地区、観光スポットや町屋や通りに関するクイズを解きながら、楽しく町歩きしませんか?参加者には、うれしいプレゼント付き!
    【期間】11月 毎日9:30~17:00
    【料金】500円

  • ■有田八十八ヶ所巡り
    旧有田町・旧西有田町・伊万里市二里町にまたがる「新有田光明新四国八十八ヶ所」を巡ります。マップを片手に、お好きな時間にお楽しみください。
    【期間】11月 毎日
    【マップ配布場所】有田観光協会
    【料金】無料

↑トップへ戻る

有田まちなか案内ジュニア隊
  • 有田の歴史や観光スポットについて学んだ、小学5年生・6年生が、まちなか案内ジュニア隊としてデビュー!有田の子供たちが観光名所2ヶ所を解説・案内してくれます。

    【日時】11月23日(木・祝)・25日(土)・26日(日) 13:00~15:00
    【場所】泉山磁石場・陶山神社
    【料金】無料
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    有田まちなか案内ジュニア隊

↑トップへ戻る

  • 町内の飲食店では、おまつり期間中、有田の郷土料理の「ごどうふ」や地元の食材を盛り込んだ、秋のメニューを特別にご用意しています。器はもちろん有田焼。食と器のハーモニーをお楽しみください。

    期間限定メニューはこちら!

    期間限定メニュー

↑トップへ戻る

嬉しいおもてなしがいっぱい!商店会のイベント
  • 町内のそれぞれの商店会やボランティアグループの皆さんが趣向を凝らしたおもてなしを準備しています。お店の人と会話を楽しみながら、お気に入りのやきものを見つけてください。

    商店会イベント
  • 碗坂わんさか通り商店会

    【期間】11月22日(水)~26日(日)
    【場所】泉山口屋番所跡広場周辺

    ■有田名物「陶助おこし」や陶磁器の販売
    ■大公孫樹を背景にミニライブ開催
    【日時】11月25日(土)・26日(日) 11:00~16:00予定

    【問】康新堂 TEL:090-8228-1742 (相原)

    碗坂通り商店会
  • うーたん通り

    「第21回上有田うーたん通り 秋の窯まつり」
    【期間】11月3日(金・祝)~5日(日)
    【場所】上有田うーたん通り (有田町中樽)

    テーマ『ありがとう ―うーたん通り秋の窯まつりファイナル―』
    有田焼創業401年目がスタート。うーたん通りも新たなる歩みを始めています。秋の窯まつりは、今年が最後の開催です。豊かな自然の中で、個性派揃いのうーたん通りのお祭りをお楽しみください。

    【問】福珠窯 TEL:0955-42-5277

    う~たん通り
  • トンバイ塀通り商店会

    【期間】11月22日(水)~26日(日)
    【場所】トンバイ塀通り商店会 (有田町上幸平)

    ■雄×雌猿をモチーフにした恋愛成就の有田焼のお守り「さんのんさん」ストラップ(1個770円)の販売
    ■1日限定5個の超特価品の販売 (トンバイ塀通り商店会統一デザインのエコバッグ付)

    【問】田中陶器店 TEL:0955-42-3033

    トンバイ塀通り商店会
  • 皿山商店会

    【期間】11月22日(水)~26日(日)
    【場所】皿山商店会 (有田町大樽・幸平・赤絵町)

    ■スタンプラリー
    皿山商店会の会員のお店で1店舗1,000円以上のお買い物をするとスタンプ1個。3個ためると、抽選で素敵な有田焼をプレゼント。※ハズレなし
    【抽選会場】まちのオフィス春陽堂 (有田商工会議所前)

    ■抹茶と和菓子のサービス
    【場所】まちのオフィス春陽堂 (有田商工会議所前)

    皿山商店会
  • 五区楽ごくらく通り商店会

    【期間】11月22日(水)~26日(日)
    【場所】五区楽通り (有田町中の原・岩谷川内)

    ■亀井鮨・本陣でお食事された方、期間中先着15名様に「ごどうふ」サービス
    ■有田芋のさや焼きを無料でご提供 【場所】聖陶苑
    ■お茶・コーヒーを無料でご提供 【場所】ヤマタツ庄村商店

    【問】ヤマタツ庄村商店 TEL:0955-42-3184

    五区楽通り商店会
  • 有田駅前やきもの散歩道

    【期間】11月22日(水)~26日(日)
    【場所】有田駅前やきもの散歩道 (有田町本町)

    ■会員のお店でお買い物するとお買い上げ金額によって商品券進呈
     5,000円以上・・・500円商品券
     10,000円以上・・・1,000円商品券
     ※各店舗先着10名様まで
     ※商品券は会員の店で3月末まで使用可
    ■11月25日(土)は19:00まで営業時間延長

    【問】陶器のいけだ TEL:0955-42-2741

    有田駅前やきもの散歩道
  • 黒牟田・応法地区

    【期間】11月22日(水)~26日(日)
    【場所】黒牟田・応法地区

    ■陶彩弁当の販売
    それぞれの窯元の器に、有田の老舗料亭の料理を盛り付けたお弁当。
    窯元の座敷でゆっくりと食事していただき、
    器はお持ち帰りいただけます。(2,500円~3,000円)
    ■陶彩スイーツの販売
    「陶助おこし」を使った器付きスイーツ
    【陶彩弁当・陶彩スイーツの予約・問】
    梶貞窯 TEL:0955-42-3532  瑞峯窯 TEL:0955-43-2241
    ※要予約、当日の9:00まで受付可

    ■癒しフェア
    【日時】11月25日(土)・26日(日) 10:00~16:00
    【場所】黒牟田まちなみ集会所

    ■休憩所の無料開放・湯茶接待 (無料)
    【期間】11月23日(木・祝)・25日(土)・26日(日)
    【場所】黒牟田まちなみ集会所・応法コミュニティセンター

    【問】梶貞窯 TEL:0955-42-3532

    陶彩弁当
  • 名工の里・なんがわら陶山街道

    【日時】11月25日(土)・26日(日) 9:00~15:00
    【場所】陶山街道なんごら亭 (南山・南原地区)

    ■焼き芋・手作りぜんざいを無料提供
    ■地元特産品や加工品を販売
    ■九州北部豪雨の災害募金受付
    ■近隣への送迎無料サービス

    【問】なんがわら陶山街道 TEL:090-8357-5304 (藤)

    なんがわら陶山街道

↑トップへ戻る

まだまだあります!秋の有田のおたのしみ
  • 伝統文化の交流プラザ「有田館」

    「ありたのてみやげ展」
    有田町内で製造されているお菓子・食品の中から、
    「有田の手土産」としてオススメしたい商品をセレクトして紹介します。

    【期間】11月1日(水)~12月3日(日)
    【場所】伝統文化の交流プラザ「有田館」
    【問】伝統文化の交流プラザ「有田館」 TEL:0955-41-1300

    伝統文化の交流プラザ「有田館」
  • 有田陶磁の里プラザ

    第35回茶わん供養・有田のちゃわん祭り
    ■茶わん供養神事 【日時】11月22日(水) 11:00~
    ■春茶わん交換
    ■磁器婚式プレゼント (結婚20周年・平成9年ご結婚の方)
    ■ふるさと物産展
    ■有田棚田米もちつき
    ■お楽しみ抽選コーナー
    ■有田焼体験ワークショップ
    ■お菓子の企画展
    ■私が使いたいやきものの絵コンクール展
    【期間】11月22日(水)~26日(日)
    【場所】有田陶磁の里プラザ(有田焼卸団地)
    【問】有田焼卸団地協同組合 TEL:0955-43-2288

    茶わん供養・有田のちゃわん祭り
  • 有田町歴史民俗資料館

    明治維新150年プレ企画展
    「知っているようで知らない明治」
    来年は明治維新から150年の節目の年です。その前年である今年は「明治」をいう時代がどのような時代であったのか、有田の、この時代を生きた人物の記録や出来事を通して、意外と知らない明治のことを紹介します。
    【期間】11月18日(土)~12月20日(水)
    【時間】9:00~16:30
    【観覧料】無料
    【問】有田町歴史民俗資料館 TEL:0955-43-2678

  • 今右衛門古陶磁美術館「富嶽三十六景図展」

    十一代・十二代今右衛門が作成した数々の作品達の中から、葛飾北斎の富嶽三十六景や富嶽百景の浮世絵に範を取り作成した飾り皿を展示します。
    鍋島・古伊万里とは異なる色絵磁器の世界を堪能いただけます。

    【期間】10月5日(木)~12月24日(日)
    【時間】9:30~16:30
    【休館日】毎週月曜日(祝日の場合は翌日休館。10月9日(月)は開館)
    【場所】今右衛門古陶磁美術館
    【観覧料】一般500円(400円)、高・中・小生無料
         ※( )内は15名以上の団体
    【問】今右衛門古陶磁美術館 TEL:0955-42-5550

  • 古民家・小路庵(しゅうじあん)

    大正時代に建てられた古民家を無料公開しています。
    有田の名物「おやき」で、ゆっくりお茶の時間も楽しめます。
    ※お茶・おやきセットは500円
    【公開日時】11月22日(水)~26日(日) 10:00~16:00
    【問】有田食生活改善推進協議会 町づくり部会
    TEL:090-4584-4785 (舘林)

    古民家・小路庵(しゅうじあん)
  • 源右衛門窯

    ■工房と古伊万里資料館の見学
    ■染付絵付け体験セミナー ※要予約
    【開催日】11月23日(木・祝)・25日(土)・26日(日)
    ■赤絵付け体験セミナー ※予約なしでOK
    【開催日】11月23日(木・祝)~26日(日)
    ■茶処「源」にて食事とお茶のサービス
    【開催日】11月23日(木・祝)~26日(日) 9:30~16:00

    【問】源右衛門窯 TEL:0955-42-4164

    源右衛門窯
  • 香蘭社

    <特設会場>
    ■「ミニ陶器市」開催 (二級品、アウトレット品、数量限定ラッキーパック販売)
    <ショールーム会場>
    ■通常商品を期間中15%OFF (一部割引対象外)
    ■3,000円以上お買い上げの方はガラガラくじにチャレンジ!
    ■箱入り一級品、在庫限りの商品を3~5割引で販売
    ■「シェリル×香蘭社」コラボ企画
     フレグランスフラワー「ブーケ作り教室」開催
     【開催日】11月23日(木・祝)・26日(日)

    【問】香蘭社ショールーム TEL:0955-43-2132

    香蘭社
  • しん窯 やきもん広場

    ■しん窯 やきもん広場 ガイドツアー
    しん窯の登り窯古窯跡を巡りながら、有田焼やしん窯の歴史や世界の陶磁器の歴史、"煙突物語"などを案内します。パワースポットもあります。
    【日時】11月22日(水)~26日(日) (1)11:00~ (2)14:00~
    【料金】無料 ※期間外は有料になります
    【問】しん窯 TEL:0955-43-2215

    しん窯 やきもん広場
  • 深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク

    ■平成30年の干支「戌」縁起皿販売
    ■数量限定「犬の置物(ミニオブジェ)」に絵付け体験(先着10名様)
    ■深川製磁の土鍋で秋の味覚をおもてなし
    ■5,000円以上お買い上げの方に特別抽選会を開催
    【問】深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク TEL:0955-46-3900

    深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク
  • 丸兄商社

    ■ぐい呑み祭り
    様々な色・型のぐい呑みが勢揃いします。
    空クジなしのガラポン抽選も開催中!(料金:1回300円、4回1,000円)
    ロクロ体験・絵付け体験も実施します。
    【問】丸兄商社 TEL:0955-42-3052

    丸兄商社

↑トップへ戻る

第8回 秋の有田写真コンテスト
  • 「秋の有田陶磁器まつり」期間中に撮影した写真を、下記の3つの部門いずれかにご応募ください。受賞作品は、伝統文化の交流プラザ「有田館」にて写真展を行うほか、今後の「秋の有田陶磁器まつり」のPRなどに使われます。
    (1)「秋の有田」部門
    (2)「焱の響演~薪窯めぐり~」部門
    (3)「ARITA×サンタ」部門

    【応募締切】12月4日(月)必着
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    第7回の受賞作品一覧はこちら


    第7回 最優秀賞作品
    「秋の竜門清水」

↑トップへ戻る