HOME > お知らせ > トークイベント「久富蔵春亭ひさとみぞうしゅんてい田代肥碟山たしろひちょうざんを末裔が語る」
お知らせ information

トークイベント「久富蔵春亭ひさとみぞうしゅんてい田代肥碟山たしろひちょうざんを末裔が語る」

有田町明治維新150年事業実行委員会(佐賀県西松浦郡有田町)では、「明治有田偉人博覧会」の一環で、佐賀県立九州陶磁文化館の展覧会「世界へ再び 幕末明治有田の豪商」(平成30年8月3日~9月2日)に合わせたトークイベント「久富蔵春亭と肥碟山信甫を末裔が語る」を開催します。
江戸時代前期の有田焼の海外輸出は一時中断しますが、有田焼は再び世界を目指します。幕末の天保12年(1841)、有田の商人久富与次兵衛は、佐賀藩から有田焼独占輸出の権利を得ると、「蔵春亭」ブランドで海外輸出に乗り出します。安政3年(1856)からは、田代紋左衛門がその権利を継承し、西洋陶技を導入して洋食器や碍子などを生産し、「肥碟山信甫」ブランドで多様な新しい有田焼を生み出していきます。
展覧会では、さまざまな資料を通じて、今日に続く有田焼ブランドの礎を紹介される予定です。
この展覧会に合わせ、久富、田代両家に語り継がれるエピソードを末裔が語るトークイベントです。

日時:8月4日(土)14:00~
会場:佐賀県立九州陶磁文化館 講堂
出演者:久富桃太郎氏、田代正敏氏、鈴田由紀夫館長(九州陶磁文化館)、尾﨑葉子館長(有田町歴史民俗資料館)
入場料:無料
詳しくは:有田町明治維新150年事業実行委員会事務局(まちづくり課) 0955-46-2990

豪商展チラシ表.jpg

豪商展チラシ裏.jpg