HOME > お知らせ > トークショー「万博に賭けた先人の志」開催
お知らせ information

トークショー「万博に賭けた先人の志」開催

有田町明治維新150年事業実行委員会(佐賀県西松浦郡有田町)では、「明治有田偉人博覧会」のプロジェクトの1つとして、トークショー「万博に賭けた先人の志」を開催します。同プロジェクトで開催する有田町歴史民俗資料館企画展「万博に賭けた夢 ~有田人の万国博覧会~」、有田陶磁美術館企画展「お茶を召しませ!~幕末明治のカップ&ソーサー展~」との関連で行うものです。

両企画展、特に「万博に賭けた夢 ~有田人の万国博覧会~」では、幕末から明治にかけて、有田焼が飛躍するきっかけともなった世界各地で開催された万国博覧会前後の有田の人々の思いを、出品された陶磁器や関係資料などをもとに紹介します。
明治維新という大変革期に、万国博覧会出品のために海を渡った有田の先人は、海外に商機を見出しました。長い船旅を経て、海外の技術、嗜好、ニーズなどを吸収して、日本へ持ち帰ります。その過程で国際感覚を身につけることになりました。
 彼らは西洋に何を思い、海を渡ったのでしょうか。その過程でどんな成功や失敗があったのでしょうか。西洋から学んだ技術や思想をどのように日本国内で昇華させたのでしょうか。そこから今を生きる私たちは何を学ぶのでしょうか。
そんな先人の人柄や思いを、各家に
語り継がれるエピソードとともに、末裔が語るトークイベントです。

詳細はこちら⇒

●日時   10月28日(日)14:00~15:30
●会場   異人館(有田町幸平)
●登壇者  深川祐次氏((株)香蘭社 代表取締役社長、八代深川栄左衛門の末裔)
      辻常陸氏(辻常陸窯 十五代当主、十一代辻勝蔵の末裔)
      蒲地孝典氏((有)東西古今 代表、有田町明治維新150年事業実行委員会委員長)
      尾﨑葉子氏(有田町歴史民俗資料館館長、コーディネート)
●対象者  どなたでも参加可能
●参加費  無料
●申込 不要(定員は35名ほど)