トップ > イベントカレンダー > 第15回秋の陶磁器まつり

第15回秋の陶磁器まつり

【と き】令和元年11月20日(水)~24日(日)
【ところ】有田町内各所

日本磁器発祥の地であり、400年の歴史と伝統が今に息づく佐賀県有田町。
毎年、ゴールデンウィークに開催される「有田陶器市」は100万人を超える人出で賑わうことで有名ですが、「秋の有田陶磁器まつり」は、自然豊かな有田の紅葉とともにのんびり、ゆっくり有田の町を散策できます。
また、歴史的な建物が残る有田内山地区を百貨店に見立てた街なかマルシェの『うちやま百貨店』が今年も開催されます。

        

炎の響演~薪窯めぐり~
  • 有田を代表する窯元による夢の響演企画。
    今右衛門窯・柿右衛門窯・源右衛門窯・深川製磁(谷窯)で、薪による窯焚きが期間限定で特別公開されます。
    有田でもガス窯が主流となった現在、薪窯はほとんど使われなくなりましたが、伝統的な技術を後世に繋ぐため、今も薪窯焚きが行われている窯元があります。
    昔ながらの薪窯焚きは、温度の調節などが難しく、窯焚き職人のより高い技術が求められます。
    この企画は、有田を代表する5つの窯元で、普段は見ることができない伝統の技を間近でご覧いただける一大イベントです。約400年間受け継がれている伝統の薪窯とともに、熟練の職人が操る炎の表情や、煙突から立ち上る煙など、やきものの町・有田ならではの風景をお楽しみください。

  • ■公開予定

    ・今右衛門窯
    ・柿右衛門窯
    ・源右衛門窯
    ・谷窯(登り窯)深川製磁
    *日時は決まり次第アップします

    炎の響演~薪窯めぐり~

↑トップへ戻る

秋の有田を彩る紅葉
  • ■泉山弁財天の大公孫樹(おおいちょう) MAP

    樹齢約1,000年、高さ約40m、国の天然記念物に指定されている、有田町のシンボル。秋には巨木全体の葉が黄金色に輝き、その見事な光景にきっと誰もが圧倒されるはずです。
    樹の下にある口屋番所跡は、江戸時代に佐賀藩の役人が常駐し、人の出入りや陶石ややきものの持ち出しを厳しく取り締まっていたところです。

    【ライトアップ期間】11月20日(水)~24日(日) 18:00~21:00
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    泉山弁財天の大公孫樹(おおいちょう)
  • ■竜門峡の紅葉 MAP

    神秘的な渓谷美をみせる竜門峡。春は桜の花びらが舞い、夏には鮮やかな緑に包まれ、秋には渓流に紅葉が映えます。
    また、この渓谷を流れる水は「名水百選」「水源の森百選」に選ばれたほど清らかで、カジカの歌声を聞きながら、名水で仕込んだ地酒と名水にさらした川魚料理を堪能するのも風流です。

    竜門峡の紅葉
  • ほかにも、日本磁器発祥の地"泉山磁石場"や"有田町歴史民俗資料館"、"陶山神社""アリタセラ"の紅葉も見頃となります。

    紅葉

↑トップへ戻る

秋の有田のまちあるき
  • 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている有田内山地区の昔ながらの町並みは、歩いて初めて"発見すること"がたくさんあります。「第15回 秋の有田陶磁器まつり」では多彩なまちあるきプランをご用意しております。
    江戸時代後期から昭和初期の建物とともに、有田磁器の歴史を形成した史跡・泉山磁石場などを巡るツアーも開催いたします。秋色に染まった有田の町並みをゆったり散策しながら、有田の歴史・文化に触れてみませんか?
    ※詳しい情報は随時アップしていきます。

  • ■きもので秋のありたさんぽ

    江戸後期・明治・大正・昭和初期の各時代を代表する、美しく上質な町屋が残る風情ある通り。「トンバイ塀」など江戸時代のやきものの里の風情を残す通りや明治・大正期に建てられた豪奢な町屋が並ぶレトロな通りを、色鮮やかな着物を着ておさんぽしませんか?

    【期間】10月1日(火)~12月25日(水)
        毎日10:00~15:00 ※受付13:00まで
    【着付け場所】有田一番館(有田駅前) MAP
    【料金】・ランチ&café チケット付プラン 1着 3,500円
         (着物レンタル、着付、1,000円分のチケット付)
        ・きものでお散歩プラン 1着 3,000円
         (着物レンタル、着付)
    ※3日前までの事前予約制
    ※草履、バッグ、髪飾りも貸し出します。
    ※足袋はソックス足袋を準備しています。
    ※着物の在庫状況により、ご希望に添えない場合があります。
    【予約・問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    きもので秋のありたさんぽ
  • ■有田散策QUIZ(さんさクイズ)

    風情ある内山地区、観光スポットや町屋や通りに関するクイズを解きながら、楽しく町歩きしませんか?全問正解者には、うれしいプレゼント付き!

    【期間】11月 毎日9:30~17:00
    【料金】500円

  • ■有田八十八ヶ所巡り

    旧有田町・旧西有田町・伊万里市二里町にまたがる「新有田光明新四国八十八ヶ所」を紹介するマップをお渡しします。ご自分のペースで、お好きな時間にお楽しみください。

    【期間】11月 毎日
    【マップ配布場所】有田観光協会 (配布時間 8:30~17:15) MAP
    【料金】無料

↑トップへ戻る

有田まちなか案内ジュニア隊
  • 有田の歴史や観光スポットについて学んだ、小学5・6年生が、まちなか案内ジュニア隊としてデビュー!有田の子供たちが観光名所2ヶ所で解説・案内します。NHKの番組でも話題となった、泉山磁石場のガイドを予定しています。

    【日時】11月23日(土・祝)~24日(日) 13:30~15:00
    【場所】泉山磁石場・泉山の大公孫樹(おおいちょう)
    【料金】無料
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    有田まちなか案内ジュニア隊

↑トップへ戻る

  • 町内の飲食店では、おまつり期間中、地元の食材を盛り込んだ、秋の特別メニューをご用意しています。器はもちろん有田焼。食と器のハーモニーをお楽しみください。
    詳しいメニューについては、決まり次第アップしていきます。
    決定まで、乞うご期待!

    秋の期間限定メニュー

↑トップへ戻る

嬉しいおもてなしがいっぱい!商店会のイベント
  • 町内のそれぞれの商店会やボランティアグループの皆さんが、趣向を凝らした期間限定のおもてなしを準備しています。お店の人とじっくり会話を楽しみながら、お気に入りのやきものを見つけてください。
    ※随時、参加商店会のイベントについてアップしていきます!

↑トップへ戻る

第10回 秋の有田写真コンテスト
  • 令和元年の秋に有田町内で撮影した写真を募集します。受賞作品は、伝統文化の交流プラザ「有田館」にて写真展を行うほか、今後の「秋の有田陶磁器まつり」のPRなどに使われます。

    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121
    第9回の受賞作品一覧はこちら


    ↑第9回 最優秀賞「紅葉めぐり」

↑トップへ戻る