トップ > イベントカレンダー > 第14回秋の有田陶磁器まつり

第14回秋の有田陶磁器まつり

【と き】平成30年11月21日(水) ~ 25日(日)
【ところ】有田町内各所

日本磁器発祥の地であり、400年の歴史と伝統が今に息づく佐賀県有田町。
毎年、ゴールデンウィークに開催される「有田陶器市」は100万人を超える人出でにぎわうことで有名ですが、「秋の有田陶磁器まつり」は、のんびり、ゆっくり有田の町を散策できます。
今年の秋は、明治維新150年を記念して、有田町でも『明治有田偉人博覧会』と題し、明治期に有田で活躍した偉人を顕彰するイベントも行われます。
他にも、鎌倉期に有田町一帯を治めた有田氏の居城『唐船城築城800年』の記念行事や、有田とフランスの人間国宝の技の競演『ワザノワ会議』も予定されています。
また、歴史的な建物が残る有田内山地区を百貨店に見立てた『内山百貨店』は、今年3月に続き、この秋も開催されます。

        

炎の響演~薪窯めぐり~
  • 有田を代表する窯元による夢の響演企画。
    今右衛門窯・柿右衛門窯・源右衛門窯・深川製磁(谷窯)・矢鋪與左衛門窯・有田ポーセリンパーク(天狗谷窯)で、薪による窯焚きが3日間に渡り公開されます。
    有田でもガス窯が主流となった現在、薪窯はほとんど使われなくなりましたが、伝統的な技術を後世に繋ぐため、年に数回薪窯焚きが行われています。
    昔ながらの窯焚きは、温度の調節などが難しく、窯焚き職人のより高い技術が求められます。
    この企画は、有田を代表する6つの窯元で、普段は見ることができない伝統の技を間近でご覧いただける一大イベントです。約400年間受け継がれている伝統の薪窯とともに、熟練された職人の技術と、炎とともに煙突から立ち上る煙など、やきものの町・有田ならではの風景をお楽しみください。

  • ■今右衛門窯

    江戸時代には鍋島藩御用達の赤絵付師として活躍し、その『色鍋島』の技術が国の重要無形文化財に指定されている今右衛門窯。
    色鍋島の技法と伝統を守り続け、格調高い作品を生み出しています。今回は松薪による窯焚きの様子を係の説明を受けながらご覧いただけます。

    【公開日時】11月22日(木) 
    (1)8:00 (2)8:30 (3)9:00 (4)9:30 各回20分
    【問】今右衛門窯 TEL:0955-42-3101

    今右衛門窯
  • ■柿右衛門窯

    日本初の赤絵の技法を開発し、余白を生かした繊細で絵画的な構図を特徴とする『柿右衛門様式』を現代に受け継ぐ由緒ある窯元。
    華麗で美しく、今も世界中の人々を魅了し続けています。今回は、薪窯での本焼き焼成作業を係の案内付きで特別に一般公開します。

    【公開日時】11月23日(金・祝) ※時間は決まり次第アップします。
    【問】柿右衛門窯 TEL:0955-43-2267

    柿右衛門窯
  • ■源右衛門窯

    古伊万里様式に独自の現代的アレンジを施した作風で知られ、洗練された優美な文様が幅広い層に人気のある源右衛門窯。
    歴史と品格を兼ね備えた風情ある窯元で、薪窯焚きの風景と工房でのロクロや絵付けなどの製作風景を見学することができます。

    【公開日時】11月24日(土) 8:00~17:00
    【問】源右衛門窯 TEL:0955-42-4164

    源右衛門窯
  • ■谷窯(登り窯)深川製磁

    宮内庁御用達の窯元で、艶やかな質感や『フカガワブルー』と呼ばれる、透き通るような青色の染付と赤絵を特徴とする深川製磁。
    その作品は、欧州各地の愛好家の心をも捉え、国内外で愛されています。
    17世紀には、深川製磁の古窯「谷窯」で輸出向けの磁器が焼かれました。今回は、その跡地に築かれた登り窯での窯焚きを見学することができます。
    チャイナ・オン・ザ・パークより、マイクロバスでご案内いたします。
    ※2回実施で各回10名様限定 ※要予約

    【公開日時】11月23日(金・祝) (1)10:00~11:00 (2)14:00~15:00
    【問】深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク TEL:0955-46-3900

    深川製磁
  • ■天狗谷窯(登り窯)有田ポーセリンパーク

    有田焼の祖・李参平が有田で初めて築いたと言われ、日本磁器創成期に大量のやきものが焼かれた天狗谷窯の発掘データをもとに再現された全長53mの登り窯。窯焚きの見学と、状況に応じて薪入れ体験もお楽しみいただけます。

    【公開日時】11月23日(金・祝) or 11月24日(土) ※時間は決まり次第アップします。
    【問】有田ポーセリンパーク TEL:0955-41-0030

    天狗谷窯(登り窯)有田ポーセリンパーク

↑トップへ戻る

秋の有田を彩る紅葉
  • ■泉山弁財天の大公孫樹(おおいちょう)

    樹齢1,000年、高さ約40m、国の天然記念物に指定されている、有田の町のシンボル。秋には巨木全体の葉が黄金色に輝き、その見事な光景にきっと誰もが圧倒されるはずです。
    樹の下にある口屋番所跡は、江戸時代に佐賀藩の役人が常駐し、人の出入りや陶石ややきものの持ち出しを厳しく取り締まっていたところです。

    【ライトアップ期間】11月21日(水)~25日(日) 18:00~21:00
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    泉山弁財天の大公孫樹(おおいちょう)
  • ■竜門峡の紅葉

    神秘的な渓谷美をみせる竜門峡。春は桜の花びらが舞い、夏には鮮やかな緑に包まれ、秋には渓流に紅葉が映えます。
    また、この渓谷を流れる水は「名水百選」「水源の森百選」に選ばれたほど清らかで、カジカの歌声を聞きながら、名水で仕込んだ地酒と名水にさらした川魚料理を堪能するのも風流です。

    竜門峡の紅葉
  • ほかにも、日本磁器発祥の地"泉山磁石場"や"歴史民俗資料館"、"陶山神社"の紅葉も見頃となります。

↑トップへ戻る

秋の有田のまちあるき
  • 国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている有田内山地区のレトロな町並みは、歩いて初めて発見することがいっぱい。多彩なまちあるきメニューをご用意しております。また、今年は明治維新150年にちなんだ「有田の七賢人ツアー」を開催。さらに有田の偉人たちがショーウィンドウに登場します。秋色に染まった有田の街並みをゆったり散策しながら、有田の歴史・文化に触れてみませんか?
    ※詳しい情報は随時アップしていきます。

  • ■きもので秋のありたさんぽ

    江戸後期・明治・大正・昭和初期の各時代を代表する、美しく上質な 町屋 が残る風情ある通り。今年は 明治維新150年を記念して、秋の期間は"明治"をテーマにしたイベントが開催されます。
    色鮮やかな 着物 を着て 明治時代 にタイムスリップしませんか。

    【期間】9月1日(土)~12月28日(金) 毎日10:00~16:00
    ※受付14:00まで
    【着付け場所】有田一番館(有田駅前)
    【料金】1着 2,500円 (着物レンタル、着付サービス)
    3,000円 (着物レンタル、着付サービス、1,000円分のランチ&カフェチケット付)
    ※3日前までの事前予約制
    ※着物の在庫状況により、ご期待に添えない場合があります。
    【予約・問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    きもので秋のありたさんぽ
  • ■ガイドがご案内、有田の7賢人ツアー

    今年は明治維新150年の記念の年。明治維新は磁器生産工程においても革命を起こしました。激動の明治の時代に、有田で活躍した人物について、観光ガイドが丁寧に案内します。
    【期間】11月21日(水)~25日(日) 13:30~15:30
    【集合場所】伝統文化の交流プラザ「有田館」
    【料金】無料
    【定員】15名 (最少催行2名)

  • ■有田散策QUIZ(さんさクイズ)

    風情ある内山地区、観光スポットや町屋や通りに関するクイズを解きながら、楽しく町歩きしませんか?参加者には、うれしいプレゼント付き!
    【期間】11月 毎日9:30~17:00
    【料金】500円

  • ■有田八十八ヶ所巡り

    旧有田町・旧西有田町・伊万里市二里町にまたがる「新有田光明新四国八十八ヶ所」を紹介するマップをお渡しします。ご自分のペースで、お好きな時間にお楽しみください。
    【期間】11月 毎日
    【マップ配布場所】有田観光協会
    【料金】無料

↑トップへ戻る

有田まちなか案内ジュニア隊
  • 有田の歴史や観光スポットについて学んだ、小学5・6年生が、まちなか案内ジュニア隊としてデビュー!有田の子供たちが観光名所2ヶ所で解説・案内します。今回は「明治有田偉人博覧会」にちなんだ明治時代に建てられた「有田異人館」でのガイドも予定しています。

    【日時】11月23日(金・祝)~25日(日) 13:30~15:00
    【場所】泉山磁石場・有田異人館
    【料金】無料
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    有田まちなか案内ジュニア隊

↑トップへ戻る

  • 町内の飲食店では、おまつり期間中、地元の食材を盛り込んだ、秋の特別メニューをご用意しています。器はもちろん有田焼。食と器のハーモニーをお楽しみください。
    詳しいメニューについては、決まり次第アップしていきます。
    決定まで、乞うご期待!

↑トップへ戻る

嬉しいおもてなしがいっぱい!商店会のイベント
  • 町内のそれぞれの商店会やボランティアグループの皆さんが、趣向を凝らした期間限定のおもてなしを準備しています。お店の人とじっくり会話を楽しみながら、お気に入りのやきものを見つけてください。
    ※随時、参加商店会のイベントについてアップしていきます!

↑トップへ戻る

第9回 秋の有田写真コンテスト
  • 今年の秋に有田町内で撮影した写真を、下記の3つの部門いずれかにご応募ください。受賞作品は、伝統文化の交流プラザ「有田館」にて写真展を行うほか、今後の「秋の有田陶磁器まつり」のPRなどに使われます。
    (1)「秋の有田」部門
    (2)「焱の響演~薪窯めぐり~」部門
    (3)「有田×サンタ」部門

    【応募締切】12月3日(月)必着 
    【応募先・問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    第8回の受賞作品一覧はこちら


    第8回 最優秀賞作品
    「ねんりん」

↑トップへ戻る