トップ > イベントカレンダー > 第14回秋の有田陶磁器まつり

第14回秋の有田陶磁器まつり

【と き】平成30年11月21日(水) ~ 25日(日)
【ところ】有田町内各所

日本磁器発祥の地であり、400年の歴史と伝統が今に息づく佐賀県有田町。
毎年、ゴールデンウィークに開催される「有田陶器市」は100万人を超える人出でにぎわうことで有名ですが、「秋の有田陶磁器まつり」は、のんびり、ゆっくり有田の町を散策できます。
今年の秋は、明治維新150年を記念して、有田町でも『明治有田偉人博覧会』と題し、明治期に有田で活躍した偉人を顕彰するイベントも行われます。
他にも、鎌倉期に有田町一帯を治めた有田氏の居城『唐船城築城800年』の記念行事や、有田とフランスの人間国宝の技の響演『ワザノワ会議』も予定されています。
また、歴史的な建物が残る有田内山地区を百貨店に見立てた『うちやま百貨店』は、今年3月に続き、この秋も開催されます。

        

パンフレットはこちら(PDF形式: 5.6MB)

★駐車場情報はこちら

第14回秋の有田陶磁器まつり

炎の響演~薪窯めぐり~
  • 有田を代表する窯元による夢の響演企画。
    今右衛門窯・柿右衛門窯・源右衛門窯・深川製磁(谷窯)・有田ポーセリンパーク(天狗谷窯)で、薪による窯焚きが3日間に渡り公開されます。
    有田でもガス窯が主流となった現在、薪窯はほとんど使われなくなりましたが、伝統的な技術を後世に繋ぐため、年に数回薪窯焚きが行われています。
    昔ながらの窯焚きは、温度の調節などが難しく、窯焚き職人のより高い技術が求められます。
    この企画は、有田を代表する6つの窯元で、普段は見ることができない伝統の技を間近でご覧いただける一大イベントです。約400年間受け継がれている伝統の薪窯とともに、熟練された職人の技術と、炎とともに煙突から立ち上る煙など、やきものの町・有田ならではの風景をお楽しみください。

  • ■今右衛門窯

    江戸時代には鍋島藩御用達の赤絵付師として活躍し、その『色鍋島』の技術が国の重要無形文化財に指定されている今右衛門窯。
    色鍋島の技法と伝統を守り続け、格調高い作品を生み出しています。今回は松薪による窯焚きの様子を係の説明を受けながらご覧いただけます。

    【公開日時】11月22日(木) 
    (1)8:00 (2)8:30 (3)9:00 (4)9:30 各回20分
    【問】今右衛門窯 TEL:0955-42-3101

    今右衛門窯
  • ■柿右衛門窯

    日本初の赤絵の技法を開発し、余白を生かした繊細で絵画的な構図を特徴とする『柿右衛門様式』を現代に受け継ぐ由緒ある窯元。
    華麗で美しく、今も世界中の人々を魅了し続けています。今回は、薪窯での本焼き焼成作業を係の案内付きで特別に一般公開します。

    【公開日時】11月23日(金・祝) (1)9:00~12:00 (2)13:00~16:00
    【問】柿右衛門窯 TEL:0955-43-2267

    柿右衛門窯
  • ■源右衛門窯

    古伊万里様式に独自の現代的アレンジを施した作風で知られ、洗練された優美な文様が幅広い層に人気のある源右衛門窯。
    歴史と品格を兼ね備えた風情ある窯元で、薪窯焚きの風景と工房でのロクロや絵付けなどの製作風景を見学することができます。

    【公開日時】11月24日(土) 8:00~17:00
    【問】源右衛門窯 TEL:0955-42-4164

    源右衛門窯
  • ■谷窯(登り窯)深川製磁

    宮内庁御用達の窯元で、艶やかな質感や『フカガワブルー』と呼ばれる、透き通るような青色の染付と赤絵を特徴とする深川製磁。
    その作品は、欧州各地の愛好家の心をも捉え、国内外で愛されています。
    17世紀には、深川製磁の古窯「谷窯」で輸出向けの磁器が焼かれました。今回は、その跡地に築かれた登り窯での窯焚きを見学することができます。
    チャイナ・オン・ザ・パークより、マイクロバスでご案内いたします。
    ※2回実施で各回10名様限定 ※要予約

    ※好評につき、定員に達しましたので募集を締め切らせて頂きます。

    【公開日時】11月23日(金・祝) (1)10:00~11:00 (2)14:00~15:00
    【問】深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク TEL:0955-46-3900

    深川製磁
  • ■天狗谷窯(登り窯)有田ポーセリンパーク

    有田焼の祖・李参平が有田で初めて築いたと言われ、日本磁器創成期に大量のやきものが焼かれた天狗谷窯の発掘データをもとに再現された全長53mの登り窯。窯焚きの見学と、状況に応じて薪入れ体験もお楽しみいただけます。

    【公開日時】11月24日(土) 10:00~16:00
    【問】有田ポーセリンパーク TEL:0955-41-0030

    天狗谷窯(登り窯)有田ポーセリンパーク

↑トップへ戻る

注目の新企画
  • ■新企画!

    ●THE LEGEND 秋の有田陶磁器まつりオープニングミニステージ

    男性オペラ歌手5人による日本初のオペラユニット"THE LEGEND"(ザ・レジェンド)が、日本磁器誕生の地・'泉山磁石場'で屋外ミニステージを開催。白い岩肌がむき出し、大自然のコロッセオのような雄大なステージに、彼らの歌声が響きます。

    【日時】11月21日(水) 11:00~11:30
    【場所】泉山磁石場 ※雨天の場合は、佐賀県立九州陶磁文化館で内容を変更して実施
    【料金】無料
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    ◆THE LEGEND プロフィール◆
    オペラ歌手ならではの迫力、繊細な表現でクラシックのみならず様々なジャンルの楽曲を奏で、常にコーラスの新たな表現を追求し、多くのファンを魅了し続けている。
    メンバーはそれぞれオペラの本場、イタリア留学経験を持ち、国内外のコンクール受賞
    歴のほか数々のオペラやコンサートに出演する実力派揃い。オペラ歌手の魅力あふれる個性あふれるコーラスワークで、日本オペラの普及に努めている。




    THE LEGEND
  • ●有田とフランス人間国宝「ワザノワ会議 ― 有田」

    昨年、東京国立博物館で開催され好評を博した「フランス人間国宝展」の作品が、この秋、有田にお目見えします。しかも、有田の人間国宝や佐賀県内の作家の作品とコラボレートして特別展示をします。日仏友好160年を記念して、芸術の継承を重んじる両国の作家の作品を有田でご覧いただき、未来へと繋がる伝統芸術の華麗な美の世界を体感してください。期間中は、フランスの人間国宝によるワークショップも予定しています。


    ◇日仏作家の共演展示
    【日 時】11月18日(日)~25日(日) 10:00~16:00
    【場 所】桂雲寺(有田町幸平2-3-1)
    【入場料】大人500円 ※小学生以下無料
    【作 家】シルヴァン・ル・グエン(扇)、ジャン・ジレル(陶器)、ロラン・ダラスプ(金銀細工)、ミシェル・ウルトー(傘)、フランソワ=グザヴィエ・リシャール(壁紙)、ロラン・ノグ(エンボス加工)、ナタナエル・ル・ベール(真鍮細工)、 セルジュ・アモルソ(革細工)、エルベ・オブリジ(石材彫刻)
    井上萬二、十四代今泉今右衛門、十五代酒井田柿右衛門、十四代中里太郎右衛門、百田暁生、庄村久喜、中村清吾、矢野直人、畑石修嗣

    特設ページはこちら


    ◇ワザノワ会議トークイベント「手仕事の未来」
    フランスの人間国宝の作家に有田にお越しいただき、ものづくりの現場を見ていただいて、日仏の作家が手仕事について語り合うトークイベントを行う。
    【日 時】11月18日(日) 14:00~15:30
    【場 所】桂雲寺
    【料 金】無料
    【定 員】30名(予約が必要です。予約は、有田観光協会0955-43-2121まで)
    ※一部パンフレットでは開催場所が佐賀県立九州陶磁文化館となっております。大変申し訳ございませんが、時間と場所が変更になりましたのでご注意ください。  
                              

    ◇ワークショップ
    フランス人間国宝や世界的な空間デザイナーによるワークショップの開催。学生や芸術・建築に興味を持つ一般の方をはじめ、子供達にも伝統産業や手仕事に興味を持ってもらえるような学びの場を提供する。

    ●ワークショップA 「有田の町屋を使った空間演出」
    【日時】11月18日(日) 10:00~16:00
    【講師】リナ・ゴットメ(パリ在住のレバノン人建築家/空間デザイナー)
    【対象】高校生以上 20名限定(要予約※) 
    【場所】桂雲寺~有田町内山地区

    ●ワークショップB 「折り紙を使ったポップアップ扇子作り体験」
    【日時】11月18日(日) 10:00~12:00
    【講師】シルヴァン・ル・グエン (扇作家/メートル・ダール)
    【対象】小学5年生以上 20名限定(要予約※) 
    【場所】有田町生涯学習センター(有田町本町丙1002-2)


    【予約・問い合わせ】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    ワザノワ会議トークイベント

    ワザノワ会議シルヴァン

    ワザノワ会議庄村

    ワザノワ会議-有田
  • ■注目!

    ~有田郷のあけぼの~ 唐船城築城800年

    戦国時代、ここ有田の地一体を治めた有田氏の居城・唐船城が築城されてから今年で800年を迎えます。唐船山の散歩路には説明看板を新設し、ガイドマップも誕生します。

    ◇プレイベント
    山谷地区に伝わる浮立(ふりゅう)や篠笛コンサート、国指定の重要無形民俗文化財の平戸神楽などが2日間に渡り、披露されます。戦国時代の市を再現した「山海市」もお楽しみください。
    【日程】11月3日(土・祝)・11月4日(日)
    【場所】唐船城址駐車場「特設ステージ」(山田神社下)

    ●山海市
    地域の特産物・飲食・雑貨・海産物などが出店。
    【日時】11月3日(土・祝) 17時~20時
        11月4日(日)   10時~15時

    ●唐船城址ライトアップ
    碗灯を使って山田神社境内の一部をライトアップします。
    【日時】11月3日(土・祝) 日没~20時

    ●武者松明(たいまつ)行列
    武者隊50人と子ども武者が甲冑をまとい、旧やまだに保育園から唐船城址駐車場までを松明を持って練り歩きます。
    【日時】11月3日(土・祝) 18:00~18:30
    【ルート】旧やまだに保育園~町道~県道伊万里有田線~唐船城址駐車場

    ●平戸神楽の披露
    国指定重要無形民俗文化財の披露
    【日時】11月3日(土・祝) 18:30~19:00

    ●篠笛奏者「こと」コンサート
    篠笛・神楽笛奏者である「こと」さんが奏でる音をお楽しみください。
    【日時】11月3日(土・祝) 19:00~20:00

    ●唐船城歴代城主慰霊祭
    山田神社が主催で神社境内にて行われます。
    【日時】11月4日(日)

    ●ステージイベント
    特設ステージにて、浮立やアンサンブル、有田磁器太鼓、少林寺拳法などが披露されます。
    【日時】11月4日(日) 11:10~15:15

    ●稚児武者甲冑の試着体験
    【日時】11月4日(日) 10:00~15:00

    ◇記念式典
    【日時】11月11日(日) 10:00~12:00
    【内容】第1部:未来へつなぐ「子どもたちのステージ」
        第2部:築城800年を祝う「記念式典」
        第3部:歴史を振り返る「ミュージカル」
       式典終了後:雲仙市の「肥前千々石鉄砲隊」による火縄銃の演武
    【場所】焱の博記念堂

    ●唐船城の歴史展
    【日程】11月11日(日)
    【内容】古写真、三ツ星鑑の絵図、イラスト復元図、発掘調査内容、甲冑の展示
    【場所】焱の博記念堂 文化ホール ロビー




    ~有田郷のあけぼの~ 唐船城築城800年

    ~有田郷のあけぼの~ 唐船城築城800年

↑トップへ戻る

秋の有田を彩る紅葉
  • 泉山磁石場に特別入場できます!

    ●門扉の特別開放
    日本磁器発祥の地である泉山磁石場。
    その一部が特別開放されます。

    ●泉山磁石場に特別入場できます!
    日本磁器の400年の歴史はここから始まりました。一部が国の史跡に指定されていることと、崩落の危険性を考慮して普段は内部に立ち入ることはできません。しかし、期間限定でスタッフ立ち会いのもと、磁石場の中央付近まで立ち入ることができます。
    400年近く掘り続けられてきた、白い岩場の中央に立ち、その迫力の景観をお楽しみください。
    【日時】11月21日(水)~25日(日) 9:00~17:00
    【場所】泉山磁石場
    【問】有田町商工観光課 (有田磁石場組合) TEL:0955-46-2500

    泉山磁石場1

    泉山磁石場2
  • ■泉山弁財天の大公孫樹(おおいちょう)

    樹齢約1,000年、高さ約40m、国の天然記念物に指定されている、有田の町のシンボル。秋には巨木全体の葉が黄金色に輝き、その見事な光景にきっと誰もが圧倒されるはずです。
    樹の下にある口屋番所跡は、江戸時代に佐賀藩の役人が常駐し、人の出入りや陶石ややきものの持ち出しを厳しく取り締まっていたところです。

    【ライトアップ期間】11月21日(水)~25日(日) 18:00~21:00
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    泉山弁財天の大公孫樹(おおいちょう)
  • ■竜門峡の紅葉

    神秘的な渓谷美をみせる竜門峡。春は桜の花びらが舞い、夏には鮮やかな緑に包まれ、秋には渓流に紅葉が映えます。
    また、この渓谷を流れる水は「名水百選」「水源の森百選」に選ばれたほど清らかで、カジカの歌声を聞きながら、名水で仕込んだ地酒と名水にさらした川魚料理を堪能するのも風流です。

    竜門峡の紅葉
  • ほかにも、日本磁器発祥の地"泉山磁石場"や"有田町歴史民俗資料館"、"陶山神社"の紅葉も見頃となります。

↑トップへ戻る

秋の有田のまちあるき
  • 歴史が息づくレトロで風情ある有田の町並みを歩けば、まるでタイプスリップしたよう。
    今年の秋は、自然とやきものの里・有田でゆっくり町歩きしませんか?きっと新しい有田を発見できますよ。

  • ■きもので秋のありたさんぽ

    今年は 明治維新150年にちなみ、秋の有田町では"明治"をテーマにしたさまざまな催しを行います。明治時代の建物も立ち並ぶ有田で、色鮮やかな着物を着て"明治時代"にタイムスリップしませんか?
    「ランチ&caféチケット」は、着物レンタルと着付け、町内のレストランやカフェで使える1,000円分のチケットが付いて、とってもお得です。80着以上の着物から自分好みの着物を選ぶことができ、男性用や子供用もあります。彼や家族と一緒に、風情ある通りを着物を着て"ありたさんぽ"しませんか?

    ※着物の在庫状況により、ご希望に添えない場合があります。

    【日時】9月1日(土)~12月28日(金) 10:00~16:00 ※受付14:00まで
    【着付け場所】有田一番館(JR有田駅前) MAP
    【料金】■ランチ&caféチケット付きプラン 3,000円
        (着物レンタル、着付、1,000円分のチケット付)
        ■きものでお散歩プラン 2,500円
        (着物レンタル、着付)
        ※3日前までの事前予約制
    【予約・問】有田観光協会  TEL:0955-43-2121
          メールはこちら
    【チケット利用可能店舗】
    「有田一番館」 「有田館」 「アリタポーセリンラボ カフェ」 「杏慕樹」 「うなぎ専門店 味」 「エトワール・ホリエ」 「すし料理専門店 亀井鮨」 「ギャラリー有田」 「旬鮮酒房 蔵」 「レストラン究林登」 「寿司割烹 呉葉」 「月桃庵 されど」 「創ギャラリーおおた」 「日本料理 保名」 「お食事処 本陣」 「韓国家庭料理・焼肉トラジ」 「龍水亭」 「創作川魚料理 龍泉荘」
    ※店舗情報や店休日は各店舗リンク先をご覧ください。

    きもので秋のありたさんぽ
  • ■<新企画>"きものでありたさんぽ"フォトコンテスト

    インスタグラムに、着物姿で歴史ある景色を背景に撮影したとっておきの写真を、投稿してみませんか?入賞した方には、有田焼のアクセサリーをプレゼント!
    【期間】9月1日(土)~12月28日(金)
    【応募資格】Instagramで有田観光協会の公式アカウント
          「@arita_kankou」をフォローしてください
    【応募方法】ハッシュタグ「#きものでありたさんぽ2018秋」をつけ、
          インスタグラムへ投稿
    【賞】■いいね!が多いで賞 × 5点
       ■着物と町がマッチしているで賞 × 5点
       ※入賞作品は「ありたさんぽ」上で発表します
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121



  • ■有田に人力車がやってくる!

    人力車に揺られながら、レトロな有田の町を巡ってみませんか?なんと、当日着物を着て、SNSに様子を投稿していただいた方は無料で乗車できます!
    【日時】10月20日(土)・11月17日(土)
        11:00~12:00、13:00~15:00
    【場所】トンバイ塀のある裏通り MAP
    【料金】一般 500円
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    人力車
  • ■<新企画>プロのカメラマンによる「インスタ映えフォト講座」

    フォトジェニックな有田の風情ある町並みの写真を、プロのカメラマンから技術とコツを学び、いいね!がぐんぐん増える写真をUPしませんか?
    【日時】10月28日(日) 13:30~15:30
    【対象】着物で参加+SNSに投稿していただける方
    【料金】無料 / 一般 (洋服で参加) 500円
    【定員】10名(最少催行人数4名)
        ※定員になり次第受付終了
        ※7日前までの事前予約制
    【予約・問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121
          メールはこちら

    インスタ映えフォト講座
  • ■きもので女子旅~和のセミナーで女子力アップ~

    有田のレトロな町並みを、和服で散策するツアー。町歩き後は、着物のまま日本茶インストラクターリーダーの先生による"おいしい嬉野茶の淹れ方講座"を受講して女を磨く充実のプランです。
    【日時】11月10日(土) 13:00~16:30
    【集合場所】伝統文化の交流プラザ「有田館」 MAP
    【料金】4,000円(着物レンタル、着付、セミナー参加料込)
        ※着物で参加の場合は 2,000円
    【定員】10名(最少催行人数4名)
        ※定員になり次第受付終了
        ※7日前までの事前予約制
    【予約・問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121
          メールはこちら

    和のセミナー
  • ■<新企画>ガイドがご案内、有田の7賢人ツアー

    今年は明治維新150年の記念の年。明治維新は磁器生産工程においても革命を起こしました。激動の明治の時代に、有田で活躍した人物について、観光ガイドが丁寧に案内します。
    【日時】実施中 11月25日(日)まで 13:30~15:30
    【集合場所】伝統文化の交流プラザ「有田館」 MAP
    【料金】無料
    【定員】15名 (最少催行2名)
        ※3日前までの事前予約制
    【予約・問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

  • ■有田八十八ヶ所巡り

    旧有田町・旧西有田町・伊万里市二里町にまたがる「新有田光明新四国八十八ヶ所」を巡ります。明治期に、四国の八十八ヶ所を巡った人からその砂を分けてもらったことから始まったという有田の八十八ヶ所巡り。マップを片手にお好きな時間にお楽しみください。
    【日時】11月1日(木)~30日(金)
    【マップ配布場所】有田観光協会 
    【料金】無料
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

  • ■有田散策QUIZ(さんさクイズ)

    風情ある内山地区、町屋や通りに関するクイズを解きながら、楽しく自由に町歩きしませんか?思いもかけない隠れ名所に出会えるかもしれません。全問正解の方には、可愛い有田焼のグッズをプレゼント!
    【日時】11月1日(木)~30日(金) 9:30~17:00
    【クイズ用紙配布場所】有田観光協会 
    【料金】500円(クイズ用紙・喫茶券・お菓子付き)
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

↑トップへ戻る

有田まちなか案内ジュニア隊
  • 有田の歴史や観光スポットについて学んだ、小学5・6年生が、まちなか案内ジュニア隊としてデビュー!有田の子供たちが観光名所2ヶ所で解説・案内します。今回は「明治有田偉人博覧会」にちなんだ明治時代に建てられた「有田異人館」でのガイドも予定しています。

    【日時】11月23日(金・祝)~25日(日) 13:30~15:00
    【場所】泉山磁石場・有田異人館
    【料金】無料
    【問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    有田まちなか案内ジュニア隊

↑トップへ戻る

  • 明治維新から150年、有田で開催されている『明治有田偉人博覧会』にちなみ明治を感じる限定メニューをご用意しました。また、自然豊かな有田の食材や季節の野菜を使った特別メニューを有田焼の器でお召し上がりください。

    期間限定メニューはこちら!

↑トップへ戻る

嬉しいおもてなしがいっぱい!商店会のイベント
  • 町内のそれぞれの商店会やボランティアグループの皆さんが、趣向を凝らした期間限定のおもてなしを準備しています。お店の人とじっくり会話を楽しみながら、お気に入りのやきものを見つけてください。

  • 碗坂わんさか通り商店会

    【場所】泉山 口屋番所跡広場周辺

    ◇有田名物「陶助おこし」や陶磁器の販売
    ◇大公孫樹を背景にミニライブ開催
    【日時】11月23日(金・祝)~25日(日) 11:00~16:00※予定

    【問】康新堂 TEL:090-8228-1742 (相原)

    碗坂通り商店会
  • トンバイ塀通り商店会

    【場所】トンバイ塀通り商店会 (有田町上幸平)

    ◇雄×雌猿をモチーフにした恋愛成就の有田焼のお守り「さんのんさん」ストラップ・エコバックの販売
    ◇1日限定5セットの超特価品の販売
    ◇「FLOWERS」にて木工ワークショップ開催
    【期間】11月23日(金・祝)~25日(日)

    【問】中山陶和堂 TEL:090-8918-1978(中山)

    トンバイ塀通り商店会
  • 皿山商店会

    【場所】皿山商店会 (有田町大樽・幸平・赤絵町)

    ◇無料休憩所にて抹茶と和菓子のサービス
    【場所】まちのオフィス春陽堂 (有田商工会議所跡地前)

    ◇スタンプラリー
    皿山商店会の会員のお店で1店舗1,000円以上のお買い物をするとスタンプ1個。
    3個集めれば、皿山商店会で使える10,000円・5,000円・3,000円の商品券が当たる抽選会に参加でき、来年の干支の置物や素敵な有田焼をプレゼント。※ハズレなし
    【抽選会場】まちのオフィス春陽堂 (有田商工会議所跡地前)

    ◇有田銘菓「茶わん最中」期間限定カフェ 【場所】まちのオフィス春陽堂(有田商工会議所跡地前)

    【問】大樽陶山堂 TEL:090-9479-4554 (杉本)

    皿山商店会
  • 有田駅前やきもの散歩道

    【場所】有田駅前やきもの散歩道 (有田町本町)

    ◇会員の店にてお買い物をすると、お買い上げ金額によって商品券進呈
     5,000円以上お買い上げ・・・500円分商品券
     10,000円以上お買い上げ・・・1,000円分商品券
     ※各店舗なくなり次第終了
     ※商品券は会員の店で翌年11月末まで(陶器市を除く)使用可

    ◇期間中、きものでご来店の方には、各店舗にて心ばかりのおもてなし有り

    【問】陶器のいけだ TEL:0955-42-2741

    有田駅前やきもの散歩道
  • 黒牟田・応法地区

    【場所】黒牟田・応法地区

    ◇陶彩弁当の販売
     それぞれの窯元の器に、有田の老舗料亭の料理を盛り付けたお弁当。窯元の座敷でゆっくりと食事していただき、器はお持ち帰りいただけます。(2,500円~3,000円)

    ◇陶彩スイーツの販売
     「陶助おこし」を使った器付きスイーツ。

    【陶彩弁当・陶彩スイーツの予約・問】
    梶貞窯 TEL:0955-42-3532  瑞峯窯 TEL:0955-43-2241
    ※要予約、当日9:00まで受付可

    ◇癒しフェア
    【日時】11月23日(金・祝)・24日(土) 10:00~16:00
    【場所】黒牟田まちなみ集会所

    ◇休憩所の無料開放・湯茶の接待
    【期間】11月23日(金・祝)~25日(日)
    【場所】黒牟田まちなみ集会所・応法コミュニティセンター

    【問】梶貞窯 TEL:0955-42-3532

    陶彩弁当

↑トップへ戻る

うちやま百貨店
  • 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている内山地区の町並みが"百貨店"に大変身!やきもの、雑貨、スイーツ、カフェなど20以上のお店が出展します。また、織物・染色・木工などのワークショップも開催。いつもと違う町歩きを楽しんでください。

    【日時】11月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~17:00
    【場所】内山地区(上幸平・大樽)の町屋

    【問】まちのオフィス春陽堂 TEL:0955-25-9230

    うちやま百貨店

↑トップへ戻る

まだまだあります!秋の有田のおたのしみ
  • 佐賀県立九州陶磁文化館

    寄贈記念特別企画展「人間国宝 中島宏氏寄贈 古武雄 ~ふるさと大地の記憶~」

    青磁の重要無形文化財保持者(人間国宝)であった故・中島宏氏から寄贈された佐賀県・武雄地域の陶磁器の収集品(古武雄)の中から、選りすぐりの逸品が展示されます。

    【期間】10月6日(土)~11月25日(日) ※月曜休館 (祝日の場合は開館)
    【開館時間】9:00~17:00
    【場所】佐賀県立九州陶磁文化館
    【観覧料】大人600円・大学生300円・高校生以下無料

    【問】佐賀県立九州陶磁文化館 TEL:0955-43-3681

    「鉄絵緑彩山水文大皿」
    写真:「鉄絵緑彩山水文大皿」
    肥前 武雄 小田志 1630~1650年代
      佐賀県立九州陶磁文化館所蔵 中島宏コレクション
  • アリタセラ(旧有田陶磁の里プラザ)

    「第36回 茶わん供養・有田のちゃわん祭り」

    【期間】11月21日(水)~25日(日)
    【場所】アリタセラ(旧有田陶磁の里プラザ) MAP

    ◇~お茶とお菓子と器~明治佐賀偉人見聞録展 【期間】9月15日(土)~11月25日(日)
    ◇一茶一菓一器 【期日】11月21日(水)・22日(木)
    ◇茶わん供養神事 【期日】11月21日(水)
    ◇茶わん交換
    ◇有田焼体験ワークショップ
    ◇お楽しみ抽選コーナー
    ◇磁器婚式プレゼント (平成10年結婚)
    ◇あおぞらマーケット
    ◇和菓子歳時記
    ◇有田棚田米もちつき

    【問】有田焼卸団地 TEL:0955-43-2288

    茶わん供養・有田のちゃわん祭り
  • 第6回 有田・食と農業まつり

    町内産の農産物・加工品の販売やステージイベントがいっぱい。
    有田の新鮮な食材がたっぷり入った大鍋料理の無料ふるまいは毎年大好評!家族で参加できる木工教室やしめ縄作りなどの体験コーナーもあります。

    【日時】11月25日(日) 10:00~15:00
    【場所】有田町役場周辺地、有田町体育センター及び周辺地

    【問】有田・食と農業まつり実行委員会 TEL:0955-46-2990

    第6回食と農業まつり
  • 伝統文化の交流プラザ「有田館」

    憩いのひとときをお気に入りの器とお菓子で
    「フリーカップ・マグカップ・プレート展~」

    【日時】9月15日(土)~12月2日(日) 9:30~17:00
    【場所】伝統文化の交流プラザ「有田館」  MAP
    様々な使い方ができるフリーカップをメインに、マグカップやお菓子・デザートをのせるプレートを展示・販売。
    カップを購入されたお客様には、2階の喫茶ルームにてお飲み物をサービスします。
    更にプレートも購入していただいた方には磁器製カラクリ人形のグッズをプレゼント。

    【問】伝統文化の交流プラザ「有田館」 TEL:0955-41-1300

    伝統文化の交流プラザ「有田館」
  • しん窯 やきもん広場

    【場所】しん窯 やきもん広場 MAP

    ◇しん窯 やきもん広場 ガイドツアー
    しん窯の登り窯古窯跡を巡りながら、有田焼やしん窯の歴史、世界の陶磁器の歴史、"煙突物語"などと工房を案内します。パワースポットもあり。
    【日時】11月21日(水)・22日(木) 8:00~17:00
    ※11月23日(金・祝)~25日(日)は、展示場のみ営業(9:00~17:00)
    【料金】無料

    【問】しん窯 TEL:0955-43-2215

    しん窯 やきもん広場
  • 源右衛門窯

    【日時】11月21日(水)~25日(日) 8:00~17:00
    【場所】源右衛門窯 MAP

    工房や古伊万里資料館を自由に見学できます。特設会場にてやきものと布製品のアウトレット販売。

    ◇染付絵付け体験セミナー ※要予約
     【日時】11月23日(金・祝)~25日(日) 13:30~17:00
     【料金】1名4,000円

    ◇赤絵付け体験セミナー
     【日時】11月23日(金・祝)~25日(日) 8:00~17:00
     【料金】1枚1,500円 <三角小皿> ※送料別

    ◇茶処「源」・・・喫茶・軽食がお楽しみいただけます。
     【日時】11月23日(金・祝)~25日(日) 9:30~16:00

    【問】源右衛門窯 TEL:0955-42-4164

    源右衛門窯
  • 深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク

    【日時】11月21日(水)~25日(日) 9:00~17:30
    【場所】深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク MAP

    ◇深川製磁 秋冬の新作ご紹介
    ◇平成31年干支『亥』縁起皿販売
    ◇商品お買い上げの方に「30周年特別大抽選会」開催
    ◇30周年記念おもてなし 先着30名様 明治×スイーツ「自家製栗ようかん」
    ◇カフェ・リフレッシュルームにて
    「秋のマロンスイーツ」1,000円(ドリンク付き)

    【問】深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク TEL:0955-46-3900

    チャイナ・オン・ザ・パーク
  • 香蘭社

    【期間】11月21日(水)~25日(日)
    【場所】香蘭社 本店ショールーム会場 MAP
    ◇通常商品を期間中15%OFF (一部割引除外品有り)
    ◇3,000円以上お買い上げの方はガラガラくじにチャレンジ
    ◇箱入り一級品、在庫限りの商品を特別ご奉仕価格にて販売
    ◇明治維新150年記念「香蘭社と深川栄左衛門展」(別館にて開催)

    ◇ミニ陶器市
    【場所】香蘭社 赤坂工場 特設会場 11月23日(金・祝)~25日(日)
        香蘭社 本店駐車場 特設会場 11月21日(水)~25日(日)

    ◇アウトレット品・数量限定ラッキーパックの販売
    【期間】11月21日(水)~25日(日) 【場所】赤絵町工房会場 MAP
    ◇1階 赤絵町工房商品の特価販売、楽焼クレヨンで気軽に絵付け体験
    ◇2階 好評!欧風カレー「白山文雅」OPEN

    ≪秋の特別企画展≫
    (株)メモリードスタッフによる「終活セミナー」
    【日時】11月23日(金・祝)・24日(土) ①11:00~ ②14:00~ 
    ※1時間程度
    【場所】赤絵町工房ホール MAP
    【定員】各回30名様 ※要予約
    ◇香蘭社の「お骨壺展示会」期間中同時開催

    【問】香蘭社ショールーム TEL:0955-43-2132

    香蘭社
  • 丸兄商社

    【日時】11月21日(水)~25日(日) 9:00~17:00
    【場所】丸兄商社 MAP

    ◇期間中、W体験 (ろくろ体験・絵付け体験)をされた方に、有田焼の箸置きをプレゼント。
     また、ろくろ体験2個目から半額キャンペーンも開催。

    【問】丸兄商社 TEL:0955-42-3052

    丸兄商社
  • 有田町消費者グループ協議会

    【場所】でんきのヒデ MAP
    ◇授乳室・観光案内所
    ◇お茶とごどうふのおもてなし

    【場所】でんきのヒデ・西岡邸 MAP
    ◇こども服のおゆずり会
    ◇大人衣類バザー
    ◇手作り牛乳パック椅子・廃油石鹸・EMボカシ菌肥料の販売

    【問】有田町消費者グループ協議会 TEL:090-1872-2814 (藤本)

  • 古民家・小路庵(しゅうじあん)

    大正時代に建てられた古民家を無料で一般公開しています。
    【日時】11月21日(水)~25日(日) 11:00~16:00

    【場所】小路庵(しゅうじあん)  MAP
    【問】有田食生活改善推進協議会 三木会 TEL:090-4584-4785 (舘林)

    ◇棚田米のおむすびころりん 300円
    「日本の棚田百選」の有田町岳地区で獲れた棚田米をやさしく握りました。有明のりと伊万里の梅干しを添えて、佐賀の母の味をご賞味ください。
    ※毎日先着50名様に"三平汁"の無料ふるまいあり。

    小路庵
  • 幸楽窯

    【場所】幸楽窯
    トレジャーハンティング
    新旧の10万点の器が眠る倉庫からカゴ一杯の器を選ぶ、まるで宝探しのようなワクワク感!この秋、お気に入りの器を一挙に揃えてみませんか?
    【時間】10:00~12:00、13:00~14:30
    【料金】1カゴ5,000円

    【問】幸楽窯 TEL:0955-42-4121

    幸楽窯
  • アリタポーセリンラボ

    ◇工場マルシェ
    古伊万里の文様を現代風にアレンジしたモダンな有田焼が大人気の、1804年創業の窯元。その本社工場で2日間限定のマルシェを開催!アウトレットや福袋の販売、クイズラリー、工場見学、オリジナルの有田焼体験もできます。
    【日時】11月23日(金)・24日(土) 10:00~16:00
    【場所】アリタポーセリンラボ 本社工場 MAP
    【入場料】無料

    ◇秋の陶器市
    アウトレット品(30~50%OFF)や福袋の販売
    【日時】11月21日(水)~25日(日) 10:00~17:00
    【場所】アリタポーセリンラボ旗艦店 MAP

    【問】アリタポーセリンラボ TEL:0955-43-2224

    アリタポーセリンラボ
  • 今右衛門窯

    今右衛門古陶磁美術館 特別企画展「ジャポニズムのガラス展」開催!

    明治維新150年を迎えるにあたり、当時のジャポニズムのバカラをはじめとする50余点の作品が展示されます。職人の技術の繋がりと高い理念によって創り出されたガラスの美の世界を、心ゆくまでじっくりとご堪能ください。

    明治維新150年記念
    ジャポニズムのガラス展

    【会期】平成30年10月4日(木)~12月24日(月・祝)
    【会場】今右衛門古陶磁美術館
    【開館時間】9:30~16:30
    【ギャラリートーク】平成30年11月22日(木) ①11:00~ ②14:00~
    【観覧料】500円 高・中・小生無料
         ※15名以上の団体は、一人当たり400円
    【休館日】月曜日(祝日の場合、翌日休館)

    【問】今右衛門古陶磁美術館 TEL:0955-42-5550

    今右衛門古陶磁美術館 特別企画展「ジャポニズムのガラス展」

↑トップへ戻る

第9回 秋の有田写真コンテスト
  • 今年の秋に有田町内で撮影した写真を、下記の2つの部門いずれかにご応募ください。受賞作品は、伝統文化の交流プラザ「有田館」にて写真展を行うほか、今後の「秋の有田陶磁器まつり」のPRなどに使われます。

    (1)「秋の有田」部門
    (2)「焱の響演~薪窯めぐり~」部門

    【応募締切】平成30年12月3日(月)必着 
    【応募先・問】有田観光協会 TEL:0955-43-2121

    募集要項はこちら(PDF形式: 168KB)

    第8回の受賞作品一覧はこちら


    第8回 最優秀賞作品
    「ねんりん」宮原克次

↑トップへ戻る