トップ > 買う:器・おみやげ > 深川製磁本店

器・おみやげ

深川製磁本店

深川製磁本店

明治27年創業。
宮内庁御用達で、艶やかな質感や『フカガワブルー』と呼ばれる透き通るような青色の染付と赤絵を特徴とする窯元です。
初代深川忠次の『工藝思想』を継承しながら進化を続け、現在も国内外で愛される作品を手掛けています。
本店の1階はショールーム、2階は参考館として、深川製磁の歴史と伝統を物語る逸品が展示されています。

〒844-0005
佐賀県西松浦郡有田町幸平1-1-8
TEL:0955-42-5215
営業時間:9:00~17:00
定休日:年末年始のみ(12月30日~1月2日)

お知らせ

商品紹介

  • 紅白梅扇面紋陽刻盛鉢<br />新しい御代の記念として「雅」をテーマに鳳凰の陽刻鉢に金彩で扇と紅白梅を描きました。  

    紅白梅扇面紋陽刻盛鉢
    新しい御代の記念として「雅」をテーマに鳳凰の陽刻鉢に金彩で扇と紅白梅を描きました。  

  • VOC<br />コーヒー碗皿・ミート皿・ケーキ皿<br />17世紀に有田で焼かれヨーロッパに輸出された染付磁器「芙蓉手」を復刻、深川ブルーが魅力です。

    VOC
    コーヒー碗皿・ミート皿・ケーキ皿
    17世紀に有田で焼かれヨーロッパに輸出された染付磁器「芙蓉手」を復刻、深川ブルーが魅力です。

  • TEWAZA<br />ポット、アルテウァン・ピッコロ <br />シンプルでモダンな色彩のポットとカップは、ティー タイムの器として世界中で人気です。

    TEWAZA
    ポット、アルテウァン・ピッコロ
    シンプルでモダンな色彩のポットとカップは、ティー タイムの器として世界中で人気です。

店舗紹介

17世紀より有田に移り住み、窯焼き業を始めた深川家、明治27年に深川忠次は工房を立ち上げ、 1900年パリ万国博覧会に参加、出品した大花瓶で名誉金杯を受賞、その後、バーミンガム、パリ、 ミラノに代理店を設けで欧州直輸出を始めます。その独自のスタイルは「深川様式」と呼ばれ、世界の 陶磁器愛好家の垂涎の的となります。現在も、当時と変らぬ工房で、初代忠次の製陶思想を継承した 職人達により、工芸磁器を焼造しております。工房に隣接した本店は、大正期に初代忠次が建設を 始めたモダンな建物、富士山のステンドグラスや外壁タイルが見どころです。